役員紹介

大塚 汎(ひろし)  代表取締役社長

脚本家 日本脚本家連盟所属

274132_100002948748066_1250701823_q[1]1944年(昭和19年)、東京出身。大塚和の長男。青山学院文学部仏文科卒。バンドマン、ロシア語通訳、北洋材検収員などを経て、1973年、大塚和企画による日ソ合作映画『モスクワ、わが愛!』(日本側監督:吉田憲二 主演:栗原小巻)に助監督として参加。以後助監督として、『異邦人の河』(監督:李学仁)、『鴎よ、きらめく海を見たか めぐり逢い』(監督:吉田憲二)、『祭りの準備』(監督:黒木和雄)、日ソ合作『白夜の調べ』(日本側監督:西村潔 主演:栗原小巻)、『恋の空中ブランコ』(監督:松林宗恵)に参加、『夕暮まで』(監督:黒木和雄)でデスクを担当後、1979年、FM東京ラジオドラマ「音の本棚」で脚本を書き始める。

作  品

映 画(演出)

  • 「アイランズ/島々」 日ロ合作ドキュメンタリー 1994年。C.アラノヴィッチと共同。撮影:大津幸四郎。1994年度デンマーク国際ドキュメンタリー映画祭第2位。

舞 台 (台本)

  • 「そして二人はいま」 演出:早野寿郎。主演:麻上洋子、吉田理保子。ニッショウホール 1980年。
  • 「ドント・ストップ゚!」 演出兼任。出演:苫米地義久、石塚まみ、梅田稔、大塚汎、石津康彦。世田谷文学館 2002年。
  • 「爆弾を胸に抱いて」 演出:中田新一。音楽:佐藤紀雄 出演:小松未可子、蝦名清二、森章二 マイク眞木ほか。テアトルBONBON 2010年。

テレビアニメ テレビドラマ (脚本)

  • 「わたしのアンネット」 フジテレビ 1983年。
  • 「ミームいろいろ夢の旅」 TBS 1983年。
  • 「タオタオ絵本館」 テレビ東京 1984年
  • 「しましまとらのしまじろう」 テレビせとうち 1994年~2010年。その他
  • 「それ行け! ずっこけ三人組」 テレビ大阪 1985年。

ラジオドラマ (脚本)

  • 「さらばモスクワ愚連隊」「コインロッカー・ベイビーズ」「巴里 わが生命」「演歌の虫」(以上FM東京)。「ヴィヴィアン・リー物語」(毎日放送)。「坊ちゃん」(東海ラジオ)。「ハーレークイン・ロマンス」(ラジオ大阪)他。

著 書

  • 「わたしのアンネット」 朝日ソノラマ出版 1983年。

 

三浦波夫 取締役

映画製作者
1929年生。日本大学芸術学部写真科卒。映画世界社に入社し、当時『映画ファン』の編集長だった大塚和によってカメラマンとしてのスタートを切る。その後六本木に写真スタジオ「アートセンター」を設立。1970年、大塚和の映画製作に協力するために綜映社を設立し、同年、綜映社・ATG共同で、『鴎よ、きらめく海を見たか~めぐり逢い~』(吉田憲二監督)、『祭りの準備』(黒木和雄監督)を製作。また1980年、アートセンター・東宝共同で『夕暮まで』(黒木和雄監督)を製作した。そのほか「胸騒ぎの放課後」(石山昭信監督 1982年)などがある。

 

中田新一 取締役

映画監督 日本映画監督協会所属

顔写真 _D2A9943   1944年石川県出身。早稲田大学文学部演劇科卒業後、フリーの助監督として民芸映画社の作品に参加し、当時同社の社長だった大塚和と出会う。以後、助監督として黒木和雄、深作欣二、山本薩夫、熊井啓、佐藤純彌監督たちの作品に従事。大塚和・三浦波夫製作による作品では、吉田憲二監督の『鴎よ、きらめく海を見たか めぐり逢い』に製作担当として、また黒木和雄監督の『夕暮まで』にはプロデューサーとして参加した。

1984年、監督第1回作品として『海に降る雪』を発表。以後、多くの作品をコンスタントに撮り続けており、オーディションによって松山ケンイチ、佐藤めぐみ、堀北真希らを発掘、新人の素質を見抜く監督との定評がある。

作  品 

映 画

 アニメ映画

舞台演出

  • 「爆弾を胸に抱いて」(2010年 綜映社)主演:小松未可子、マイク眞木(友情出演ほか)。
  • 「芝浜」(2012年 中田新一プロデュース公演) 主演:堀越富三郎 辛嶋ともよ 浅草リトルシアター
  •  「芝浜」 (2013 年 中田新一プロデュース公演) 主演:堀越富三郎 長坂しほり
    「高瀬舟」原作:森鴎外 構成・演出:原武彦 語り:坂本容志枝 浅草リトルシアター

 

著 書

  • 「奔れ! 助監督 奮闘昭和映画史」(2010年 早稲田出版) 

助監督

その他